プリントする服の種類もTシャツだけでも色々な形や色を選択することができますし、最近ではポロシャツやマキシ丈のワンピースやパンツなどもあります。オリジナルTシャツ作成にレッツトライ!

Tシャツを楽しもう!
オリジナルTシャツ作成

オリジナルTシャツ作成人気の秘密

個性を大切にする人が増えたために、その表現方法のひとつとしてファションで表現している人も少なくありません。

しかしながら、市販のTシャツなどの洋服は大量生産されているため、せっかくの個性を潰してしまうところがあるのも否めません。

自分の個性をより引き立てるためにも、こういったオリジナルTシャツを作成して楽しむ人が増加しているのではないでしょうか。

気軽に自分のデザインをファッションに取り入れることができる上に、料金も安いとなればチャレンジしてみない理由はありません。

プリントする服の種類もTシャツだけでも色々な形や色を選択することができますし、最近ではポロシャツやマキシ丈のワンピースやパンツなどもあります。

どこにどのようなデザインを入れるのかによって、そのTシャツやワンピースなどの雰囲気はちがってきますから、デザインセンスとファッションセンスの見せ所ではないでしょうか。

Tシャツ作成の納期について

Tシャツ作成をする場合に気になるのが、Tシャツを受け取れるまでの期間である、納期についてです。これについては、そのTシャツ作成業者によって差があります。

一般的には、2週間から1ヶ月というところが多いようですが、中にはそれよりも早く対応をしてくれる業者もあります。もしも、Tシャツ作成からTシャツを着用したい日が近い場合には、この納期の違いを見極めて、業者に注文することも大事となってきます。

しかし、いずれにしても、ゆとりをもって注文をすることが1番確実です。Tシャツを作成したいと思ったら、早めに注文をするように心がけましょう。

クラス用オリジナルTシャツを作るならドライTシャツがおすすめ

体育祭や運動会などで、クラス用オリジナルTシャツを作成するならば、おすすめの生地としてドライTシャツをおすすめします。このドライTシャツの生地の厚みは、Tシャツの厚みの指標として4.1オンスからとなっています。

白いTシャツでは少し透けますが、しっかりとした厚みとコシのある生地が特徴です。また、価格も安く出来るため、大量に制作できる点もメリットです。ドライTシャツといっても、生地の厚みによって速乾性や吸汗性も良くなるので、オリジナルTシャツを作る際に用途にあったものを、選んで制作するといいでしょう。

オリジナルTシャツにも使われる天竺編み

オリジナルTシャツでも、使用されている一般的なTシャツの編み方が天竺編みです。この天竺編みの特徴としては、表目に縦方向の筋がみえ、裏面に荒い編み模様がみえます。また、薄く丈夫で横方向の伸縮性に優れているので、Tシャツ用の編み方として最適です。

Tシャツの他にも、スウェットやセーターの編み方にも使われ、季節問わず色々な洋服に使われるほど、使いやすい編み方と言われています。天竺編みには由来があり、昔の日本ではインドを天竺と呼んでいました。そこから輸入されてきた天竺木綿が、天竺と呼ばれていたことから、天竺編みという名称が浸透したのです。

オリジナルTシャツで自分だけの個性を

オリジナルTシャツといえば、自分でデザインをすることができるので可能性が広がります。ちょっとしたイベントや、ボランティア活動にも使用されていることが多く、着ている人を見るだけで団結力が高まります。

Tシャツを制作する工程はとても簡単で、インターネットを使うだけで自分なりの色を選べたり、生地の厚みや糸を選んだりと種類が豊富なため、必ず気に入ったものが作れます。また、一枚の価格が安価な物もあり、大量に制作する方にとっては、利用しやすいのも利点です。是非、自分で作ったTシャツを着て、他の人と差をつけましょう。

オリジナルTシャツについて

高校生がクラスTシャツでオリジナルTシャツ作成する前に詳細をチェック!オリジナルTシャツ作成のお問い合わせはこちらから