プリントする服の種類もTシャツだけでも色々な形や色を選択することができますし、最近ではポロシャツやマキシ丈のワンピースやパンツなどもあります。オリジナルTシャツ作成にレッツトライ!

Tシャツを楽しもう!
オリジナルTシャツ作成

Tシャツ作成時は、生地の色を意識しましょう

Tシャツ作成を行う際、注意したいのが生地の色です。 デザインの色と生地の色がミスマッチだと、せっかくのオリジナルデザインが綺麗に感じられません。 ネイビーやブラックのTシャツに、印刷するのであれば、黒い素材が活かせるイエローやピンク、ホワイトカラーでデザインをプリントアウトしましょう。

反対に白い衣類にデザインをプリントアウトするのであれば、視認性が良い濃い色を使ってロゴやイラスト作成を進めなければいけません。 一色、二色と、プリントアウトに使えるカラーが予算の都合上、限られている場合ならなおさらです。

利用者の好みに合わせられるTシャツ作成

街中に数多く点在しているアパレルショップ、デザイン会社などによって取り扱われているサービスとして、Tシャツ作成が挙げられます。様々なプリント方法、カラー、サイズなどのバリエーションが揃えられている上、自分の好きなロゴやイラスト、写真との組み合わせにより、オリジナリティ溢れるTシャツの作成が可能となります。

大手のアパレルメーカーによっても市場参入されていることから、リーズナブルな価格設定での利用も可能です。幅広く取り入れられる要素が組み込まれていることによって、市販や既製品としては手に入れられないTシャツに仕上げられます。

ショップがTシャツ作成を依頼する時

ショップが新しいTシャツ作成を行いたいとする場合、デザインは他のTシャツを参考にする傾向があります。トレンドとなっている形を採用したり、見た目をより綺麗にするようにして、多くの方が安心して使えるようにしています。

人気となるデザインを作っておくことが、Tシャツ作成では重要になっているので、より人気が出やすいタイプを考えています。色々な人が見て、これは購入したいと思えるようなデザインになるように、作成する商品は様々な視点で見ています。店舗限定の商品として売りに出しますから、それだけ多くの方に見てもらえるようなタイプにしています。

実用性を考えたTシャツ作成

せっかくTシャツ作成を行うのであれば、完成した作品は恥ずかしくて街を歩くには向かないという物ではなくて、ブランドショップ顔負けの素敵なTシャツ作成を目標にするのもいいでしょう。Tシャツ作成に取り掛かる前に、まずはお店に売られている商品をチェックしながら、それを参考にしてみるのもいいでしょう。

そうする事で、Tシャツ作成のアイデアが浮かんでくる事もあります。また、Tシャツ作成はアイデアも大事ですが、細かい作業もしっかりと行う事によって、完成度を高める事も重要ではないでしょうか。こんな物を作りたいという発想を大事にするのはもちろんですが、実用性について考えてみませんか。

Tシャツ作成では生地の厚さもポイント

普段着ているTシャツですが、製品によっては生地の厚さが違います。Tシャツの厚みに使われる単位は、オンスといって正確には重さを表す単位面積です。数値が大きいほど、生地が厚くなり手触りも変化していきます。

一般的に使われるTシャツは、3.5オンスから4.9オンスとなり、薄手から中厚手の生地で夏場は涼しく、冬場は暖かさを保つ年中使える厚さとなっています。また、それ以上の厚さとなれば、耐久性や保温効果に優れているため、スウェットやトレーナーに使われることが多いです。好みの厚さで自分だけのTシャツ作成をしましょう。

Tシャツ作成について

高校生がクラスTシャツでオリジナルTシャツ作成する前に詳細をチェック!オリジナルTシャツ作成のお問い合わせはこちらから