プリントする服の種類もTシャツだけでも色々な形や色を選択することができますし、最近ではポロシャツやマキシ丈のワンピースやパンツなどもあります。オリジナルTシャツ作成にレッツトライ!

Tシャツを楽しもう!
オリジナルTシャツ作成

メンズTシャツを着こなす

女性でも、時にはファッションとしてメンズのアイテムを取り入れる人もいる様です。

メンズはサイズが少し大きい場合が多いですが、Tシャツなど場合によっては女性でも着こなせる場合があります。

アメカジやロックスタイルなどカジュアルなファッションを目指している場合には、メンズのアイテムを取り入れると、より一層ファッショナブルな着こなしができるでしょう。

メンズのTシャツを買う時には、Sなど小さめの物を購入するといいかもしれませんね。

古着屋さんなどで服を買う時には、いいデザインの物があってもメンズしかない、なんて事もあったりします。そんな時には、思い切ってメンズのアイテムを取り入れるといいかもしれませんね。

Tシャツ作成するときは編み方に注目

Tシャツ作成するとき、デザインや生地の厚さも選ぶことができます。その他に、手触りを左右する糸の編み方も選べる場合があります。糸の編み方としては、ほとんどのTシャツに使われている肌触りがよく表裏の編み方に違いがあって伸縮性のいい天竺編みや、通気性のいいポロシャツに使われている鹿の子編み、伸縮性がよく肌着やスウェットの袖口にも使われるリブ編みがあります。

また、伸縮性があり保湿性もあるサーマルという編み方もあります。これは、ミリタリー系の服によく使われています。用途によってTシャツの編み方にも注目してみましょう。

Tシャツ作成、ちくちく手縫いで

家にミシンがなくても、服は作ることができます。手縫いですから、時間がかかり、縫い目も揃いにくいかもしれません。けれども、味があるオンリーワンの一枚になること間違いありません。

型紙をとって布を裁つのが難しければ、直線縫いの方法を使います。直線に布を裁ち縫っていくだけなので、比較的処理が簡単です。実際に着てみると、個性的なデザインが多く、手作りしたと思えないほどです。

ズボン、スカート、ワンピース、Tシャツ作成もできます。ミシンだとあっという間にできますが、手縫いですると一心不乱にチクチクと縫うことになります。集中する時間ができると、リフレッシュにつながります。

Tシャツ作成では使う糸で使用感が違う

Tシャツ作成のとき、デザインも重視しますが、少しこだわりを持つならば、使用する糸でも出来上がりが違ってきます。一般的に使用されている糸は、カード糸と言われ不純物を取り除く行程を行った綿花を使った糸です。

シャリ感と清涼感のあるラフな味わいが特徴です。また、使用する糸の種類によっては、仕上がりの品質がよく価格も高くなるので、リーズナブルなTシャツを作るときには、カード糸を選びましょう。カラーバリエーションが豊富なTシャツですが、カード糸を使用すると光沢や発色に物足りなさを感じる場合もありますので、用途に合った糸を選びましょう。

希望や用途に合わせられるTシャツ作成

Tシャツ作成における背景には、学校行事や企業団体の主催イベント、スポーツチームに使用されるユニフォームなど、様々な事柄が挙げられます。目的や用途に応じたオリジナリティ溢れるTシャツを手元に置くことが可能であると同時に、街中のアパレルショップなどだけでなく、インターネットショッピングとしても利用できる環境が整えられています。

リーズナブルな価格が設定されている中で、サイズやカラーなどのバリエーションも豊富に取り揃えられ、目的や好みに応じたデザインと自由に組み合わせることが可能です。個人のファッションとしても幅広く利用されています。

Tシャツ作成について

高校生がクラスTシャツでオリジナルTシャツ作成する前に詳細をチェック!オリジナルTシャツ作成のお問い合わせはこちらから