プリントする服の種類もTシャツだけでも色々な形や色を選択することができますし、最近ではポロシャツやマキシ丈のワンピースやパンツなどもあります。オリジナルTシャツ作成にレッツトライ!

Tシャツを楽しもう!
オリジナルTシャツ作成

ラフのイラストからTシャツ作成

本格的に絵を描くのが難しいと言う人は、ラフをTシャツ作成の際に提出して、デザインを仕上げてもらえるサービスを行っているお店もある様です。
お店にいるデザイナーやもしくはイラストレーターの人がそのラフを元に仕上げをしてくれます。

その時のポイントは曖昧な指示ではなくて、より具体的に細かく指示を出す事が求められます。
一度で満足できる物が完成しない場合には、少し修正の依頼をするなどして、最終的に決定していきます。

しかし、Tシャツ作成のお店の中にイラストレーターなどがない場合には、この様なサービスは難しいかと思います。

お店によっては行っていない事もある様ですので、まずは確かめたいですね。

Tシャツ作成で使用する色

最近よく見かけるサービスの一つにTシャツ作成がありますが、これにはインクが使用されている事があり、使用するインクの数によって価格が変動する事もある様です。

しかし、その場合にはTシャツ作成によって毎回かなり金額が異なる場合もあり、ややこしく感じられる事もある様です。そのため、Tシャツ作成においては、使用するインクの数によって一律同じ価格を設置しているお店もあるみたいです。

Tシャツ作成においては、他にも使用するアイテムや、プリントする枚数などによっても金額は違ってきます。

これまでに何度かTシャツ作成を利用している人であれば把握している事もあるかと思いますが、初めて利用する人は価格について理解しておきましょう。

安さを重視したTシャツ作成

学生などの場合には、Tシャツ作成のために高額な費用を用意する事が難しい場合もあります。そんな場合には、安さを重視してTシャツ作成を行う事もあります。Tシャツ作成は、コスパに力を入れているお店もあります。

その場合には、Tシャツ作成において質にこだわるという事は難しい事もありますが、体育祭や文化祭で利用する程度であれば、安さを重視したTシャツ作成で、十分に使用できる事もあります。

用途に応じて何を重視するかを考えるといいでしょう。もし安さを重視した場合には、刺繍などの特殊な加工ができなくなったり、もしくはアイテムの素材の品質などにこだわる事が厳しい場合があると考えられます。

染め物Tシャツ作成を楽しむ

染め物というと、藍染め、柿渋染めなど手間がかかり素人には難しいというイメージが大きいかもしれません。しかしながら、染め物は昔から人々の生活に寄り添ってきました。ですから、特別なものを用意する必要はなく、その時にある材料で簡単にできます。

白いTシャツを用意するだけで、染め物Tシャツ作成ができます。桜の枝などの枝、玉ねぎの皮、木の皮、ドングリ、ブドウ、紅茶など染めたいものがあれば、試してみるといいでしょう。鍋に煮だし、できるだけ長時間つけておくことが大切です。輪ゴムで割りばし、積み木、木の実などを入れて縛ってから染めると、絞り染めの完成です。

子供の作品保存に、Tシャツ作成

クレヨンや鉛筆で殴り書きするだけだった子供の絵が、成長にともなって変化するのを見るのは、非常にうれしいものです。顔だけだった絵が、手や足が体から伸びている絵に変わっていくと、子供自身の体もしっかりと発達してきた証拠だといわれることもあります。

その一方で、子供の絵、工作などの作品は日に日に増えていきます。できることなら全てとっておきたいくらい大切なものですが、場所の都合上、全て残しておくことなどできません。そのような時には、気に入った作品をTシャツにプリントすると、実用品に早変わりです。Tシャツ作成をして、人にプレゼントすることもできます。

Tシャツ作成について

高校生がクラスTシャツでオリジナルTシャツ作成する前に詳細をチェック!オリジナルTシャツ作成のお問い合わせはこちらから